ハンドヘルド機器の某メーカーは、驚くべき速さで彼らの主力製品を返品の山にしている元凶のSDカードの破損に苦しんでいました。 被害を受けた顧客は、現場のデータ破損を報告しており、すべての注文をキャンセルすると脅していました。 この問題に対処するチームは、既存のメモリカードサプライヤからのサポートを得ることができませんでした。

カスタマーストーリー

「マーケティング担当者が主力のハンドヘルド機器のバッテリー寿命を延ばすことができるかどうかを技術部門に尋ねてきたのは6ヶ月前です。 この機器は、当社のベストセラーで最も収益性の高いコア製品であり、製品ライン全体を牽引する主力製品でした。 電力の改善が市場シェアを最大3%増加させ、2016年を最も収益性の高い年にすることができると推定されました。

調査の結果、SDカードの電源を切ることで、全体的な電力使用量を減らし、充電間のバッテリ寿命を延ばすことができることがわかりました。 変更がアプリケーションに加えられ、テストされ、わずかですが節電が達成されました。 私たちは感動しました! この変更はすべてのユニットで実装され、改良された出力レーティングで起動することができました。

この改良品の出荷後すぐに、私たちは最大かつ最長の顧客の1人から電話を受け取り、数えきれないほどの問題の報告を受けました。 この顧客は、すべての注文を取り消し、彼らが持っていた製品を返品すだけでなく、代わりのサプライヤを探し始めることにしました。

デルキンでの調査

この機器メーカーは、Delkinの顧客アプリケーションチームを迎え入れ、両社で問題の根本的な原因究明が始まりました。 すぐに使用モデルを理解し、ホストとカードの間のバスアクティビティをキャプチャするように作業進めていきました。 カードは一見、破損しているように見えましたが、現象の発生頻度はランダムであり、理由を理解する必要がありました。

調査を進めていく過程で、私たちは、SDカードのデータ破損が、追加された省電力ソフトウェアの変更の結果であることを知りました。 カードの電源がオフになっている間、顧客はカードが信号ピンの漏れから継続動作に十分な電力を引き出していることに気付きませんでした。 小さな電力漏れは、CPUを有効にしてハウスキーピング機能を実行するのに十分ではありましたが、どのタイプの書き込み操作を試みても、すぐに電源が落ち、フラッシュ書き込みエラーが発生していました。これによりデータは破壊されていました。

デルキンソリューション

デルキンは、SDカードの電源を単に「切る」のではなく、電源を切る前に、顧客がそれぞれの信号ピンを低電圧で駆動するようにアプリケーションを修正することを推奨しました。 この修正はデータ破損の問題を解決するだけでなく、主装置の電源を切った後に電流漏れを防止することにより、さらに多くの電力を節約する可能性がありました。

顧客はアプリケーションソフトウェアをすばやく更新することができました。 新しいコードをロードしてテストした後、数日ですべてのユニットが更新され、顧客ベースに出荷されました。信頼が回復し、安定した収入源が救われました。

学んだ教訓

NANDフラッシュメモリカードは単なる「メモリチップ」よりもはるかに複雑であることを覚えておくことが重要です。 劣化した電力が問題となるこのシナリオでは、フラッシュ書き込みが誤って解釈され、データがフラッシュ内の間違った場所に送られました。