「同じメーカーからの同じカードを2年間使用していますが、突然仕様変更?」

背景:

新しい顧客が私たちに電話をして当社のCFカードについて尋ねてきました。 彼らは何年もの間、Amazonで同じブランドと容量の民生用グレードのCFカードを購入しており、 過去に問題が一度も起きたことがないという話をしてくれました。 彼らは、ブランド名、モデル名、そして容量が同じならば、性能、特性がまったく同じカードになると思い込んでいました。しかしながら、最新のロットでは全く異なる機能と仕様を示し、自社のホストでは動作しませんでした。 まったく突然に、製品の構成要素上、重要度の低い、最小限のものと考えられていた部品が、製品全体の出荷を妨げるということが起こりました。

カスタマーストーリー:

同じブランドのカードを使用した場合、最初にテストしたものと同じカードを購入することが常に考えられました。 CF(CompactFlash)カードを初めて購入したとき、Amazonで、4つまたは5つの異なるブランドのカードを購入しました。いくつかはうまくいき、他は問題を抱えていました。 私たちはよく知られたトップブランドの採用を決定しました。 私たちはこのブランドカードの評価に一生懸命取り組みましたが、製品の内部部品の変更が行われるかもしれないという事実について考えたことはありませんでした。 しかし、私たちの仮定は間違っていました。 過去2年間に同じブランドと容量カードを購入してきましたが、今回、15回目の注文で来た製品は、動作しませんでした。 最初に、ホストソフトウェアまたはハードウェアでOSのアップグレードや変更が行われていないことを確認し、すぐに変更されたカードであることを確認しました。 私たちは、カードがサプライヤーでどのように作られたのか、技術的に知識のある人間と接触するのに苦労しました。 最終的には、BOM(部品表)を頻繁に変更することでコストを節約することが出来ているというを聞いただけでなく、コンシューマの使用を目的とした製品であるため、変更の内容、影響が把握されていないようでした。 私たちはすぐに代替ソースを探し始めました。

デルキンの調査:

当初、デルキンのカスタマーアプリケーションエンジニアリングチームが関与し、お客様にカードの使用モデルがどのようなものであるか、およびレビューできる最低限の環境または性能仕様があるかどうかを尋ねました。 これが利用できないときは、ホストを借りて、顧客アプリケーション環境を最適に複製する方法についての情報を求めました。わずか数日間のテストの後、アプリケーション要件と顧客のコストとリードタイムに関する商業的な期待に最も合致するカードがデルキンによって推奨されました。 サンプルカードが顧客に送られ、テストされました。 これらのカードは合格し、量販注文はカリフォルニアのPowayにある私たちの工場から出荷されました。

デルキンソリューション:

デルキンカードの大きな違いは、顧客が承認し注文した部品番号に基づいてBOMを管理していたことです。この部品番号には、フラッシュ部品番号、コントローラ、およびファームウェアを含むが、これに限定されないカードの多くの側面が定義されています。 BOMをこの部品番号でロックすることにより、顧客は何らかの理由でカードを改変しないことが保証されました。さらに、EOLのフラッシュや推奨されるファームウェア変更のために、変更が必要な場合は、そのパーツ番号の変更、推奨交換部品、および前回承認された部品の最終出荷を購入し、スケジュールを設定します。この通知は、顧客が提供された交換部品をテストするのに十分な時間を許すように行われました。デルキンの部品番号は、コンテンツのロード、または任意の顧客が必要とするカスタム機能またはファームウェアを指定するためにカスタマイズすることもできます。

教訓:

民生品のエレクトロニクスの世界では、NANDフラッシュカードやドライブの採用品を決定した後でも、それらの部品を変更することで「コストダウン」を実現するという方法が取られます。 この考え方は、ほとんどの工業製品メーカーの考え方とは相容れません。 カードやドライブを承認するには、数週間、さらには数カ月かかることがあります。 さらに、EPA、FAA、FDCなどの様々な機関からの承認が必要となる場合があります。 多くの場合、経済的にも市場投入までにも大きな費用がかかります。ホスト内のコンポーネントを変更すると、このテストと承認が危険にさらされる可能性があります。 制御されたBOMを持つことは、産業および組込み市場にストレージ製品を供給するためのパズルの重要な部分の1つにすぎません。