ダイレクトメールの優位点

1. プッシュ型のアプローチ

ペイパークリックやオンラインマーケティングとは異なり、ダイレクトメールは能動的です。 オンラインマーケティングでは、顧客が製品またはサービスに関する情報を求める必要があります。顧客はあなたのウェブサイトを見つけるかもしれませんが、あなたの競争相手も見つけます。電子メールも能動的なアプローチですが、迷惑メールフィルター、スパム規制、あるいは煩雑な電子メールの受信トレイの中では見過ごされる可能性があります。 ダイレクトメールはスパムフィルターに巻き込まれません。ダイレクトメールは、あなたの優れた製品やサービスについて顧客に知識とアイデアを提供し、魅了します。 また、ダイレクトメールは、リマインダー、予約、メンテナンスのサービスコール、または製品の再注文の役割を果たすことができます。 見込み客の注意を喚起し、行動を起こさせます。

2. ターゲットを絞った活動

メッセージを受け入れやすい、または製品を購入する可能性が最も高い顧客を明確にターゲットとして攻略することができます。性別、収入、場所、年齢、政治的所属、または趣味への関心に基づいて特定の顧客をターゲットにすると、マーケティング費用を最大化できます。 ダイレクトメールは、見込みのない顧客に郵送しないことで費用を節約し、見込みのある消費者をターゲットにすることで効果を最大化します。 メッセージとリストのターゲットを絞るほど、応答が向上します。

3. パーソナライズ

名前が郵便物に巧妙に織り込まれると、認知度が高まり、売上が増加します。パーソナライズのテクニックには、受信者の名前を見出しに入れることや、以前に購入した製品に注意を喚起することが含まれます。 パーソナライズは、「ここにあなたの名前」だけではありません。また、関連する可変データの観点からメールの一部をパーソナライズすることもできます。 オンラインとオフラインの世界を統合することで、全体的な応答を大幅に高めることができます。

4. クリエイティブで多用途

すべてのダイレクトメールマーケティングプロモーションが同じように作成されるわけではありません。予算に応じて、シンプルなはがき、折り畳まれたセルフメーラー、人目を引く形を作成できます。ダイレクトメールに関しては、サイズ、形状、色に制限はほとんどありません。

5. 低コスト

ダイレクトメールは、利用可能な最も手頃なマーケティングモードの1つです。これはスケーラブルでターゲット設定が可能なため、希望に応じて少数の、または多くの受容的な顧客にリーチできます。あなたの郵便物は予算を意識することができます。効果的な郵便物で適切にターゲットを絞った、より小さな聴衆が大きな利益をもたらすことがわかるでしょう。これは、同じユーザー層に複数回メールを送信する場合に特に当てはまります。

6. 触れる

ダイレクトメールは、オンラインやソーシャルメディアでは不可能な触覚を提供します。広告を手に持つことができます。 中身が適切に設計されていれば、ユーザの興味を引いて行動を促すことができます。 顧客は、ダイレクトメールを使用した場合にのみ、後で詳しく調べるために机の上に置いておくか、将来の参考のために財布やバッグに入れておくか、あるいは備忘として冷蔵庫に張り付けておくか行動を起こすのです。

7.  成果の測定が可能

ダイレクトメールを使用する最も良い理由の1つは、ベースラインを確立したり、ブレークポイントを作成して結果を測定できることです。ダイレクトメールには、テスト、測定、および分析のための実証済みの方法があります。

8. 効果的な手法

顧客はダイレクトメールに積極的に応答し、あなたが考えるよりも受け入れてもらいやすい手法です。ダイレクトメールの投資収益率は非常に高くなっています。

この固定ページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 固定ページ は役に立ったと言っています。